事例紹介

活用事例

Desktop

EeeBox PC を活用したデジタルサイネージ(電子広告)システム端末

ソフネットジャパン株式会社 様

導入製品

事業内容:

・デジタルサイネージシステム事業
・インターネット端末のレンタル事業
・POSシステムの開発販売

低コストで導入できる完全クラウド型のデジタルサイネージシステム「CYBER Signage」

ソフトネットジャパン株式会社<br />
取締役営業本部長 / 東京営業部長<br />
臼井靖人氏
ソフトネットジャパン株式会社
取締役営業本部長 / 東京営業部長
臼井靖人氏


弊社はレンタルショップ向けのネットワークシステムを開発・販売する企業として1989年7月に設立。そしてこの度、それまでに培った技術や経験を生かしてデジタルサイネージ(電子広告)システム「CYBER Signage(サイバーサイネージ)」事業を展開させました。

「CYBER Signage」は、専用のサーバーや回線、専用再生機器などを必要とせず、低コストで導入できる完全クラウド型のデジタルサイネージシステム。手持ちのパソコンとディスプレイ、一般的なインターネット回線で利用できることから汎用性も高く、大企業はもちろん中小企業や個人経営の店舗などでも導入できる手軽さが魅力です。サービス形態としてはコンテンツ作成システムや配信ソリューションの提供がメインで、パソコンとディスプレイなどのハードウェアはユーザー側が自由に選択できます。しかし、導入を検討するユーザーの中には、ハードウェアをあわせて希望するケースも少なくありません。その際に提供するパソコンとして選ばれたのが「EeeBox PC EB1020 / EB1021」です。

BIOSレベルで自動起動を設定、それが需要だった

EeeBox PC EB1020 / EB1021
EeeBox PC EB1020 / EB1021


デジタルサイネージは、より多くの人の目に触れる必要性があることから、店舗外での設置や天井からの吊り下げといった利用シーンが多くなります。そのため、ディスプレイ以外のパーツはコンパクトであるに越したことはありません。そのような性質から、選択するパソコンは必然的に小型PCとなりますが、ASUS EeeBox PC EB1020 / EB1021 を選択した理由は主に3つあります。

・ 「無線LAN機能」
・ 「価格」
・ 「自動で起動できる機能」

まずデータの更新などで必要となるため外せない機能で、EeeBox PC EB1020 / EB1021 はIEEE802.11b/g/n を搭載していることが必須でした。そして、導入のしやすさにおいてやはり価格は重要なポイントとなります。同スペックの他社製品と比べましたが、コストパフォーマンスは一番良いと感じました。最後に、実はこれが一番重要で、パソコンの電源オフはアプリケーション側からでも管理できるのですが、電源オンは管理できません。しかし、EeeBox PC EB1020 / EB1021 はBIO レベルで自動起動を設定できるため、指定した時間にパソコンを自動で起動させることができます。小型PC でこの機能を備えている製品はあまりありませんでした。


ASUS デスクトップの最新ラインナップはこちら




1)上記申し込みボタンより、お問い合わせ内容の本文内に「サンプル貸出希望」の旨をご記載いただき、お申込みください。
2)対象サンプルは事例ページ掲載品とは異なる場合はございます。その場合は現行品でのお貸し出となります。
3)お申込みのタイミングによっては、即時貸出可能なサンプル在庫が不足している可能性があります。ご了承ください。

産業機ではなく汎用機を利用している意識をもって

背面に EeeBox PC EB1020/1021 を<br />
マウントしたデジタルサイネージ看板
背面に EeeBox PC EB1020/1021 を
マウントしたデジタルサイネージ看板


埼玉県に複数の店舗を展開するメガネショップ「アイ・オプト」様では、40型液晶ディスプレイ(イーゼルスタンド)タイプを導入していただきました。EeeBox PC EB1020 / EB1021 は、液晶ディスプレイの背面にマウントする形で取り付けてあるため、製品全体として一体型となりとてもコンパクト。店舗が2階にある同ショップ本店では、店舗案内用の看板として階段下の入口スペースに設置しています。導入から1 年程度経ちますが、表示内容の更新などもすでに熟知されており快適にお使いいただいています。

また、病院で導入していただいたケースでは、先にメリットとして挙げた「自動で起動できる機能」が有効的に使われています。院内ではディスプレイを吊り下げて利用することが多いため、そのままの状態ではパソコンの電源のオン/オフに手間がかかります。24 時間365 日動作し続けるという利用方法もありますが、それではパソコンに負荷がかかり過ぎてよくありません。EeeBox PC EB1020 / EB1021 を導入したことで、帰る前に電源をオフにして翌日の決まった時間にパソコンの電源を自動でオンできるようになりました。電源操作の手間やパソコンへの負荷を減らせたのはもちろんですが、省エネの観点でも有効です。そのため、同様のケースではこの機能が必須といえるものになっています。

デジタルサイネージはハードウェアと一緒で成り立ちもの


弊社としては、今後は EeeBox PC EB1020/1021 をはじめとする小型で安価な端末との連携も含めたアピールができればと思っています。現在は配信ソリューションなどに特化していますが、そもそもデジタルサイネージはハードウェアと一緒でなければ成り立ちません。そういった点も踏まえて、様々な研究を行うとともに新製品や新しい技術には注目していきたいと考えています。




1)上記申し込みボタンより、お問い合わせ内容の本文内に「サンプル貸出希望」の旨をご記載いただき、お申込みください。
2)対象サンプルは事例ページ掲載品とは異なる場合はございます。その場合は現行品でのお貸し出となります。
3)お申込みのタイミングによっては、即時貸出可能なサンプル在庫が不足している可能性があります。ご了承ください。

ソフネットジャパン株式会社

住所:東京都港区芝大門2-4-8 メビウスビル5F
HP:http://www.sofnetjapan.com/

導入パートナー:テックウインド株式会社
導入パートナーHP:http://www.tekwind.co.jp/

事例紹介一覧に戻る