事例紹介

インタビュー

Tablet

プログラミング教育必修化 /「ビジュアルプログラミング言語 Viscuit(ビスケット)」が担う役割

ビスケットファシリテータ Vol.2:蓼沼久美子 様

導入製品

事業内容:

ビスケットを使ったプログラミングワークショップ開催・運営

Viscuit(ビスケット)」とは「誰でもプログラミングを体験してコンピュータの本質が理解できる」をコンセプトとしたビジュアルプログラミング言語です。文部科学省による小中学校の学習指導要領改訂案に新たに盛り込まれた「プログラミング的思考」を育む、を目的とした2020年からの小学校での「プログラミング教育の必修化」を受け、ますますビスケットへの注目が高まっております。

また2017年4月にはビスケットは総務省の補正予算「若年層に対するプログラミング教育の普及推進」にも採択され、普段より児童向けにビスケットファシリテータとしてワークショップ開催の経験のあるメンバーが、選定された各学校を周り、プログラミングを指導できる「メンター」の育成に携わるなど今後の活動の幅を拡げています。今回は、その全国で活躍されるファシリテータの方々をシリーズ通してご紹介いたします。

弊社、ASUS JAPAN株式会社は全国でビスケットワークショップを行うためのデモ操作端末として10.1型のWindows 2-in-1ノートPCの ASUS TransBook T101HA が採用され、合同会社デジタルポケット様、ビスケットファシリテータの方々をICT機器の面からサポートしております。今後も弊社は合同会社デジタルポケット様とともに2020年からの小学校での「プログラミング教育の必修化」に向けて引き続き各種支援活動を行います。

 

ASUS JAPAN株式会社
営業統括本部
新規事業戦略チーム

蓼沼久美子さん。普段は一児の母親として家事や育児にいそしむ主婦。足利市を中心にビスケットファシリテータとして活動。

蓼沼久美子さん。普段は一児の母親として家事や育児にいそしむ主婦。足利市を中心にビスケットファシリテータとして活動。

ー ビスケットファシリテータとのきっかけについて教えてください。

私には10歳になる子供がいます。まず私がたまたまインターネットでビスケットの存在を知り、子供に勧めたことが始まりです。子供にビスケットで遊ばせたらすごく興味を持ってくれました。そして更なる探究心が芽生えたのか、息子からの希望で定期開催(東京)されているビスケットのワークショップに参加することになりました。そのワークショップには主人と子供の二人が参加したのですが、主人が受講後に持ち帰ってきた資料の中に”ビスケットファシリテータ講習”のチラシがありました。

当初は主人がファシリテータに興味を持っていたために持ち帰りしたチラシでしたが、私もそのチラシを眺めていると「私自身が参加したい!」という強い想いが芽生えました。その理由として”ビスケットファシリテータ講習”の受講対象条件として「コンピュータを本質的に知りたい方」という一言が記載されており、その一言に惹かれたのです。もしかしたら私自身がもっとコンピュータに詳しくなれるかもしれない、苦手なコンピュータに対して少しでも知識が身につくかもしれない、と思いました。また子供が夢中になっているビスケットを私自身も理解することで、子供ともっと一緒に遊べる時間が作れるのではないかと思ったこともひとつの理由です。


ー ビスケットファシリテータとして活動してみていかがですか?

普段は主婦なので、息子が学校に通っている合間を利用してビスケットファシリテータとしての活動を行っています。活動場所は『キッズピアあしかが』併設の”メディアアートブース”や、小学校、NPO法人主催のワークショップ会場が中心です。”ビスケットファシリテータ講習”に参加した時に、私が足利に在住しているということもあってかビスケットの生みの親である原田博士から『キッズピアあしかが』を紹介いただきました。理由としては、日本初の試みとしてビスケットランドの常設エリアが『キッズピアあしかが』併設の”メディアアートブース”としてオープンすることが決定しており、そこでビスケットを広めるファシリテータを募集していたためです。そのご縁から”メディアアートブース”のビスケットランド常設エリアでファシリテーションサポートを開始させていただくことになります。それが『キッズピアあしかが』との最初の出会いです。当初は自信がなくてとても不安でした。しかし自分の不安だった気持ちを払拭してくれたのは、ビスケットを体験してくれた児童たちの盛り上がりを目の当たりに体感できたことでした。「私でもできるんだ!」と自信がつき、自分の中で改めて『やる気スイッチ』が入ったことを今でも覚えています。

ビスケットランド常設エリアにおいては、①初めての児童にはまず使い方を覚えてもらい、基礎的な動き(描いた絵が単調に動く)を体験してもらっています。②そして定期的に来場する児童には自由に遊んでもらい、児童のスキルに合わせて操作方法のアドバイスを中心に行っています。ただし常設エリアではビスケットの基礎的な使い方を体験してもらうにはとても良いのですが、発展的な使い方を個別に教えることが難しいため、定期的に『キッズピアあしかが』内でビスケットのワークショップを開催することで、より深いビスケットの体験を行える環境を整えていただくことになりました。既に10回以上のワークショップを実施しています。

  
左・中)『キッズピアあしかが』併設 ”メディアアートブース”の日本初のビスケットランド常設エリア。いつでも気軽にビスケットを体験できる。
右)大画面に表示されるビスケットランドには児童が作成した絵が随時追加されるため、児童たちのアイデアの宝庫
となっている。


ー ビスケットを体験した児童の反応はいかがですか?

私自身としてはビスケットファシリテータの活動を開始して1年3か月ぐらいが経過しています。ビスケットを体験した児童からは「また来たい」「家でもやりたい」という声を数多くいただいています。その中で私にとっての発見は「ゲームをやるよりも作る方がおもしろい!」といった感想を持つ児童が多いということでした。ポイントとしてはあくまで”ゲーム感覚で”といったところでしょうか。児童はとても正直です。少しでもつまらないと思えば、すぐどこか違うブースへ移動してしまいますが、ビスケットを体験した児童はあまりそこから離れないシーンをよく目にします。自分で絵を描いて、色を塗って、動かす。その繰り返し。ずっと遊んでいられます。しかし『キッズピアあしかが』では80分の入替制を用いて運営されているため、ビスケットを体験した児童からは「もっと時間を増やしてほしい」という声も上がるぐらいです。そういった児童向けにはワークショップへの参加を勧めていたりします。

ライフスタイルに合わせて4つのスタイルをシーンに合わせて使い分けできる ASUS TransBook T101HA

ライフスタイルに合わせて4つのスタイルをシーンに合わせて使い分けできる ASUS TransBook T101HA

ー ビスケットファシリテータになって良かったと感じることは何ですか?

大きく3点が挙げられます。一点目は、自分の子供と共通の話題で盛り上がれること。実はこれが私にとってはとても大きいことだったりします。一緒にビスケットで作品を作成したり、その作成したゲームを眺めながら一緒の時間を過ごすことが増えました。小学5年生ともなると少しずつ親離れといいますか、いろんなことに距離感を感じるようになっていましたので、ビスケットを通じて親子間の共通のコミュニケーションが築けたのでとてもありがたいです。二点目は、私自身のコンピュータに対する苦手意識が薄くなった、といったところでしょうか。ビスケットをきっかけに自分でコンピュータについて調べるようにもなりましたので、コンピュータに対する理解・知識が深まったように思います。三点目は、やはりワークショップに来てくれた子供たちのビスケットを楽しんでいる姿を見られることでしょうか。親御さんと同じ気持ちで自分も嬉しくなります。これはビジュアルプログラミング言語のビスケットだからこそ実現できたことだと思っています。


ー ビスケットワークショップの際に使用しているタブレット端末について伺わせてください。

『キッズピアあしかが』では ASUS TransBook T101HA が常設されていますので、それを使用しています。また『キッズピアあしかが』外でワークショップを行う際は、デジタルポケット社の協力を得て、常設されているタブレットと同じものを借用して使用させてもらっています。ですので私がビスケットのワークショップを開催する場合は、いつも ASUS のタブレットを使用していることになります。このタブレットは画面が大きくて見やすいので児童も操作がしやすいようです。実は最近、プライベートのタブレットが欲しくて何の迷いもなく ASUS の製品を購入しました。普段から ASUS の製品を使用しながらワークショップを行っているため、使いやすさは理解していましたし、いつの間にか ASUS というブランドが私の中で慣れ親しんでいたためです(笑)

≪ASUS TransBook T101HA の特徴≫
・Microsoft Windows 10 をプリインストール
・Microsoft Officeアプリケーションのファイル閲覧/編集ができる Microsoft Office Mobile を初期搭載
・タブレット質量は580g、小さい幼児でも持ち運びながら教室や会場内を移動が可能
・IPS液晶搭載のため画面の視野角は178度、多方面からひとつの画面を閲覧共有することが可能
・バッテリー駆動時間は最大13.6時間
・充電端子にmicro USBポートを採用しているため、汎用のモバイルバッテリーを使うことも可能
・2.4GHz帯/5GHz帯のデュアルバンドに対応した最新無線LAN規格のIEEE802.11acに対応
(他の無線機器との電波の干渉が少なく、安定した通信を実現)


ASUS TransBook の最新ラインナップはこちら




1)上記申し込みボタンより、お問い合わせ内容の本文内に「サンプル貸出希望」の旨をご記載いただき、お申込みください。
2)サンプル貸出元は、ASUS JAPAN株式会社もしくは、弊社指定協業パートナーとなります。
3)お申込みのタイミングによっては、即時貸出可能なサンプル在庫が不足している可能性があります。ご了承ください。

ワークショップを実施する度に出会える児童たちの笑顔がファシリテータとしてのやりがいにつながっているという

ワークショップを実施する度に出会える児童たちの笑顔がファシリテータとしてのやりがいにつながっているという

ー 親御さんはプログラミング教育についてどうみていくべきでしょう?

プログラミングという観点でビスケットを体験させている親御さんはまだまだ少ないと思います。私自身もそうですが、自分の子供が何かに夢中になり、楽しんでいる姿をみることは親としてとても喜ばしいことです。ですのでプログラミングと難しく捉えず、ビスケットという遊びに子供が楽しんで夢中になってくれている。という感覚でまずは十分なのかなと感じています。

少し私個人的なお話しになりますが、私自身として昔からコンピュータの必要性を感じていても、そのために子供に何をやってあげたらよいかわかりませんでした。そしてビスケットに出会うまでは、コードを覚えて文字をひたすら打っていくのがプログラミングだと思っていました。最初、子供にビスケットで遊ばせた時には「これがプログラミング!?」と信じられなかったのですが、ビスケットの本質を知ることで、その魅力(奥深さ)を知ることができました。ビスケットなら誰でも抵抗なく入っていけて、作りたいものがあれば最初の設計図がなくても、試行錯誤しながら作りたいものにたどり着けます。

そして私はビスケットのファシリテータという立場にありますが、自分の子供にあれこれとビスケットに関するアドバイスはあまりしていません。子供が試行錯誤を繰り返し、うまくいかなくて頭を悩ませているところが親としても嬉しく思えますし、最終的に「できたよ!」と私に報告してくれる子供の顔は自信に満ち溢れています。改めてファシリテータの役目とは手取り足取り教えるものではなく、きっかけを与え、考えさせ、見守り続けることが役目なんだと感じています。親が子供を見守るのと似ているかもしれませんね。


ー 今後のビスケットファシリテータとしての活動方針を教えてください。

できるだけ多くの児童にビスケットを触れてもらいたいので、いろいろな場所でファシリテータとして活動できたらいいなと思っています。ビスケットの活動が総務省平成28年度第2次補正予算「若年層に対するプログラミング教育の普及推進」に採択されています。『キッズピアあしかが』は全国11か所の中で唯一民間として選定されており、その活動の一環として2017年8月4日・5日に足利市内の小学生4~6年生を対象として、ビスケットを使ったプログラミング講座を『キッズピアあしかが』で開催することも決定しています。私も『キッズピアあしかが』で勤務されるスタッフの方と一緒に活動支援をしていきますが、さまざまな児童たちに出会えることを楽しみにしています。そして1人でも多くの児童がビスケットを通じてまた一つ夢中になれる遊びを覚えてもらえればと考えています。


(Posted by Shinji Suzuki)



1)上記申し込みボタンより、お問い合わせ内容の本文内に「サンプル貸出希望」の旨をご記載いただき、お申込みください。
2)サンプル貸出元は、ASUS JAPAN株式会社もしくは、弊社指定協業パートナーとなります。
3)お申込みのタイミングによっては、即時貸出可能なサンプル在庫が不足している可能性があります。ご了承ください。

ビスケットファシリテータ Vol.2:蓼沼久美子

導入パートナー:合同会社デジタルポケット
導入パートナーHP:http://www.digitalpocket.org/

その他の事例

事例紹介一覧に戻る