事例紹介

導入事例

Tablet

ASUS Eee Slate B121 のハイパフォーマンスをデザイン業務に活用

株式会社 ザ・ナイン 様

導入製品

事業内容:

・広告および販売促進に関する企画・デザイン・コピー・イラストレーション
・印刷物、Webサイトおよびインタラクティブコンテンツの企画・制作
・企業CI(ロゴ・ガイドライン等)の制作
 

Photoshop や Illustrator が使えることが前提の日々の業務

株式会社 ザ・ナイン<br />
代表取締役/クリエイティブディレクター 井筒 章夫氏
株式会社 ザ・ナイン
代表取締役/クリエイティブディレクター 井筒 章夫氏


私たちの場合、デザインが主な業務なので、ダブレット端末を仕事に活用するシーンというのは、実はそれほど無いんです。Photoshop や Illustrator といったデスクトップアプリケーションを使っている時間がほとんどですから。タブレットを使うとすれば、制作したデジタルコンテン ツが実際のタブレットの画面でどのように見えて、どのように動作するかを確認することくらいですかね。

確かにタブレットはノートパソコンと比べて手軽に持 ち歩けるし、キーボードやマウスも使わずに操作できるというのは魅力ですが、いつも使っているアプリケーションが使えないというのは最大のネック。出張の時など、移動している間や宿泊先で編集作業などを行うこともあるので、多少重くても Photoshop や Illustrator が使えるノートパソコンを持ち歩いてしまいます。

非常に興味がわいたタブレット、ASUS Eee Slate B121

ASUS Eee Slate B121
ASUS Eee Slate B121


目に止まったのが、Windows 7 Professional を搭載したスレートPC 、Eee Slate B121。すごいのが出てきたなぁ、というのが最初の印象。見た目と使い心地はタブレットなのに、中身はパソコンですからね。これならノートパソコンよりも手軽に持ち歩けて、しかも Photoshop や Illustrator も使える。非常に興味がわきましたね。

次に注目したのがスペックです。インテル® Core™ i5-470UM プロセッサー搭載で、通常のハイスペックパソコンと比べて遜色のないパフォーマンス。いくら Photoshop や Illustrator がインストールできても、スペックが貧弱で思うように動かないのでは意味がない。Eee Slate B121 は、私が持ち歩いているノートパソコンとほぼ同等のプロセッサーを積んでいます。ちょっとした編集作業なら、それほどストレスを感じることもありません。

最後の決め手となったのが、タッチスクリーンに「Wacom feel IT technologies」が採用されていることでしたね。
ワコムのペンタブレットは、これまでもデザイン業務で使ってきました。特にイラストを描く作業には、欠かせない存在です。この技術が搭載されている Eee Slate B121 は、それだけでもクリエイターにとってはかなりのインパクトです。ペンタブレットをつながなくても、Photoshop を直接ペンでコントロールできる。これは今までのパソコンでもできなかったことですからね。


ASUS タブレットの最新ラインナップはこちら




1)上記申し込みボタンより、お問い合わせ内容の本文内に「サンプル貸出希望」の旨をご記載いただき、お申込みください。
2)対象サンプルは事例ページ掲載品とは異なる場合はございます。その場合は現行品でのお貸し出となります。
3)お申込みのタイミングによっては、即時貸出可能なサンプル在庫が不足している可能性があります。ご了承ください。

まさにデジタルのスケッチブックでした

プロモーション用の試作品として、スマートフォンカバーや壁紙のデザインを製作。イラストの作成にはEee Slate B121 が使用されている。

プロモーション用の試作品として、スマートフォンカバーや壁紙のデザインを製作。イラストの作成にはEee Slate B121 が使用されている。


手元で画面に直接ペンで描けるというのがいいですね。スケッチブックに描いているような感覚です。私の場合、イラストを描く時はいったん紙にスケッチしたものをスキャナーでパソコンに取り込み、ペンタブレットと Photoshop を使って仕上げて行くのですが、これならスケッチの段階からデジタルで描くことができて、とても効率的です。描き味も、思ったより滑らか。パソコンの画面を見ずに手元に集中できるので、細かい描き込みもずっとやりやすくなりました。

また、パソコンと違って、どこでも好きな場所で、好きな姿勢で絵が描ける。まさにデジタルのスケッチブックですね。外にも手軽に持ち出せるので、風景などを写生するのにはもってこいだと思います。それから、カメラが搭載されているのも魅力。私はよく風景をデジタルカメラで撮って、その写真をトレースしてイラストに仕上げたりするのですが、そういった一連の作業もこれ1 台で完結できます。デザインの仕事はデスクトップ”という概念がなくなります。

作業効率おあげるために、制作・調整・確認をひとつの端末で

タブレット端末向けデジタルコンテンツの<br />
確認・編集作業に ASUS Eee Slate B121 を活用
タブレット端末向けデジタルコンテンツの
確認・編集作業に ASUS Eee Slate B121 を活用


電子書籍などタブレット端末向けコンテンツの制作に Eee Slate B121 を活用することを検討しています。通常は、デスクトップの大型ディスプレイに映して制作したコンテンツを、実際のタブレット端末に転送してその見栄えを確認している。大型ディスプレイで見るデザインと、タブレットの画面で見るデザインは微妙に印象が変わって来るので、デスクトップで調整し直し、再びタブレット端末に転送して確認するといった作業を何度も繰り返しているんです。タブレットの画面でデザインの調整と確認が同時に行えれば、作業効率は格段に向上すると考えます。




1)上記申し込みボタンより、お問い合わせ内容の本文内に「サンプル貸出希望」の旨をご記載いただき、お申込みください。
2)対象サンプルは事例ページ掲載品とは異なる場合はございます。その場合は現行品でのお貸し出となります。
3)お申込みのタイミングによっては、即時貸出可能なサンプル在庫が不足している可能性があります。ご了承ください。

株式会社 ザ・ナイン

住所:東京都渋谷区南平台町7-2-202
HP:http://www.the-9.com/

その他の事例

事例紹介一覧に戻る