ニュース・イベント

2017年07月19日(水)プレスリリース

強化された手のひらサイズのChrome OS搭載デスクトップPC

ASUSTeK Computer Inc.(略称ASUS)は2017年7月19日、Chrome OSを使用する手のひらサイズのコンパクトデスクトップPC「ASUS Chromebox CN62」を日本市場向けに発売することを発表いたしました。2017年7月21日より販売を開始する予定です。

​製品仕様等、詳しくはニュースリリース本文をご確認ください。
また、ご購入検討・各種ご相談はお客様は法人さま専用相談窓口までお問合せください。

≪主な特徴≫ ※ASUS Chromebox CN62の仕様についてはこちら

GoogleのChrome OSを搭載するお手軽PC
ASUS Chromeboxは、OSにGoogleのChrome OSを搭載するコンパクトなデスクトップPCです。一般的なPCと比べて、直感的な操作方法で、より簡単にさまざまなことを行えます。たとえば、Webサイトを見たりストリーミングで動画を見たり、多くのアプリケーションを使ったりと、PCと変わらない便利さをGoogle Chrome OSの直感的なインターフェースで、より手軽に実現します。

置き場所に困らない手のひらサイズ
本体は幅124mm×奥行き124mmのコンパクトな正方形で、厚みはわずか42mmしかありません。HDMIケーブルでテレビに接続できるので、リビングのテレビの横でも、寝室でも、自分の部屋でも、少しのスペースがあればどこにでも気軽に置くことができます。

Chrome OSの自動更新機能で高いセキュリティを確保
Chrome OSでは、OS自身だけでなくアプリケーションも常に最新の状態に維持されます。使用者がOSやアプリケーションのアップデートなどを意識する必要はなく、PCに詳しくなくても、いつでも高いセキュリティを実現した状態で使用できます。

VESA規格に対応する液晶ディスプレイなら背面に取り付け可能
VESA規格のネジ穴を持つ液晶ディスプレイなら、本製品を液晶ディスプレイの背面に取り付けることができます。家にある液晶ディスプレイを使って、簡単に一体型PCのような便利さを実現可能です。

ワイヤレスキーボードとワイヤレスマウスで離れた場所から操作可能
付属のキーボードとマウスはワイヤレス接続なので、本体だけをテレビの近くに置いて、ソファなどに座ったまま操作することができます。わずらわしいケーブルがないので、使用後に片付けたい場合でもすぐに片付けることができます。

小さくても豊富なインターフェースを搭載
手のひらサイズの小さな本体ですが、不足を感じさせない豊富なインターフェースを搭載しています。USB3.1 Gen1 Type-Aポートは4ポートも搭載しており、便利なメモリカード用のスロットも搭載しました。画面出力端子は、DisplayPort 1.2とHDMI 1.4aの2系統を搭載。無線関係は、IEEE802.11ac/n/a/g/bに対応する無線LAN機能に、Bluetooth 4.0機能も搭載しています。LANポートも搭載しているので、無線LANを使用せずにネットワーク接続することもできます。コンパクトなボディでありながら、高性能デスクトップPCと変わらない使い勝手を提供します。